バナー

相続トラブルを未然回避する遺言と弁護士

相続が開始された際には、特に財産分割を巡り家族や親族間でトラブルとなり、挙句の果てには裁判所のお世話になったという話もよく耳にしますが、この相続トラブルを未然に回避する方法として遺言の作成があります。
そして、この遺言には、民法で幾つかの方式が設けられており、大きく普通方式と特別方式に分けてそれぞれに個別方式の規定がされ、特別方式は危急時や遠隔地に於ける遺言である為、通常では普通方式の3つの中から選ぶことになります。

その3つの方式には、自筆証書遺言と公正証書遺言そして秘密証書遺言があり、これらは証人及び立会人の有無また筆者や署名押印等の書式、更に秘密保持と保管の点でそれぞれに特徴があります。



そして、特に自筆証書による場合は自分だけで作成できる為いつでも加筆や変更することができ、秘密も保てますが、法的効力を発生させる為には正確な形式により作成することを要し、且つ相続開始後裁判所の検認が必要となります。

東洋経済関連情報サイトです。

そして、公正証書によった場合では法律の専門家である公証人が作成しますので、遺言の有効性に関し心配する必要はなくまた後の検認が不要で、更に秘密も保てますが、秘密が漏れる恐れがあります。

遺産相続の情報が満載です。

また、秘密証書の場合では、秘密や保管はある程度保てますが自筆によった場合と同様の問題があり、また手続きが面倒であるということも指摘できます。
これらのことから、遺言を作成する際にはまず弁護士に相談してみるのも1つの方法で、弁護士に相談した場合ではどの方式が自己に最適であるかから的確な最期の意思を含む正しい遺言の書き方等のアドバイス受けることができ、また証人や後の遺言執行者として弁護士に依頼することもできます。